北欧で愛されている絵本、「ふしぎのもりのブレ・バセ」をご紹介します!

北欧で愛されている絵本、「ふしぎのもりのブレ・バセ」を、キンドルから電子出版しました。

 

北欧で愛されている「ふしぎのもりのブレ・バセ」は、スウェーデンの作家で、

「すべてのスウェーデンの子供が愛する童話のおじさん」と呼ばれた、シュルス・グラネア(1870-1937年)と、ノルウェー生まれでデンマークに帰化し、その人生のほとんどをデンマークで過ごした画家・作家のルイス・モエ(1857-1945年)によって、1908年に描かれました。

 

いかにも北欧らしい、素朴で愛らしく、懐かしいタッチで、100年以上前に描かれた「ふしぎのもりのブレ・バセ」は、やさしいブレ・バセという男の子が、森で出会った、困っている動物たちを助ける為に、新しい洋服を頼まれるままにあげてしまうが、自分が困った時には、その動物たちが助けてくれるといった、助け合いの精神を素朴に伝える作品です。

 

この作品は、 小さいお子さんと一緒に絵を見て、男の子の気持ちを一緒に考えたりお話しする、

 

北欧の幼児教育で盛んな、ダイアログ・リーディング

 

(絵本の読み聞かせの中で、聞いている子供も、静かにじっと絵本の内容を受け取るだけでなく、 絵本の中の世界や主人公の気持ちについて考えを述べ、 読み手と対話をする参加型の読書方式)

 

にも最適です。

 

時代を越えて受け継がれる北欧の文化にご興味をお持ちの、大人の方にもご紹介いただければ幸いに存じます。

 

よろしければ、こちらからご購入お願い申し上げます!

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Ddigital-text&field-keywords=%E3%81%B5%E3%81%97%E3%81%8E%E3%81%AE%E3%82%82%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%BB

 

北欧の人々の考え方や、子供達の生活を伝える絵本を、今後もご紹介したいと願っております。

また、北欧の絵本の翻訳出版に関する最新情報をお知らせしております、

こちらのfacebookページや、https://www.facebook.com/kaigaiehon/

(「いいね!」もお願い申し上げます!)

北欧・欧州 翻訳絵本のサイト https://www.hokuoryoko.com/kaigaiehon.html

も、ご高覧いただければ嬉しいです。

 

ウィンザー庸子

 

フォローをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です