400年前の海軍の官舎が今も現役です!

400年前の海軍の官舎が今も現役です!

コペンハーゲンの北東部、人魚姫の近くには、400年前に時の王様クリスチャン4世が建てさせた海軍の官舎、ニューボーダーがあります。

それまでは戦争が起こるたびに傭兵を雇っていたのですが、クリスチャン4世は軍隊を常設して、デンマークの兵力を高めました。その際に、軍人さんの官舎も用意されたのです。この官舎は今も現役で、防衛庁の職員とその家族が住んでいます。

その向かいには、同じくクリスチャン4世が造らせたカステレットという要塞があり、星形五角形のオランダ様式を採用しています。このオランダ様式は、北海道や長野にもある五稜郭のモデルになりました。死角ができないので、攻めにくく守りやすいのが特徴です。

カステレットの緑地帯は現在では市民の憩いの場、ランニングやお散歩のコースとなっていますが、星形の土手の内部には、現在も防衛庁の本部があります。

https://www.hokuoryoko.com

デンマークの完全プライベート・ガイドサービス・

現地情報満載「コペンハーゲン裏スポット30」無料進呈中!

北欧デンマーク・コペンハーゲンの注目スポットを、

現地在住公認ガイド・ウィンザー庸子がご紹介します。

フォローをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です