2018年年末のご挨拶を申し上げます/今年デンマークで気付いたことのご報告

お世話になりました皆様へ

デンマークでご依頼を下さいました皆様、デンマークに関してお問合せ下さいました皆様、2018年も大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。

私事ですが、今年2月に新しい家族が増えました。いつも私はつわりが長く、昨年の夏頃から皆様にお便りや動画のアップなどが滞ってしまい、産まれてからは久しぶりの赤子との生活でずっと気になっていながらもなにも配信できておりませんでしたので、来年はまた少しづつフェイスブックやユーチューブ、アメブロ等にて皆様にデンマークのことをお伝えしていけたらと思っております。もしよろしければ、お友達やサブスクライバーになっていただければ嬉しいです!FBはYoko Sasaki Wintherで出ます。ユーチューブは私の名前ウィンザー庸子または北欧デンマーク公認ライセンスガイドなどと検索していただくと出ます。

長男の太陽(てお)は10歳、4年生になり、日本でいえば剣道にあたると思われるフェンシングと、合唱にはまっています。デンマーク少年合唱団に属しておりまして、来年にはデンマーク王立劇場にて演じられるオペラ「トゥーランドット」に、合唱団の皆さんと共に出演することになりました。小さな国では、競争などもなく身近な所に晴れ舞台のようなものがあって、びっくりしています。人口が兵庫県と同じ規模の570万人ですので、スポーツなどでも日本よりずっと代表になりやすいだろうと思われます。
昨日は、カールスバーグ美術館の素敵なホールでコンサートがあり、子供ながらも素敵な会場で歌わせてもらえるのは嬉しいだろうと思いました。

仁琥(にこ)は、サッカーに夢中で、うちの中でも風船やビーチボールをいつも蹴っていて、いつも私に怒られています。ておもにこも、土曜日の補習校で日本の国語と算数を頑張っていますが、毎週宿題や漢字テストをこなしていくのが大変です。私に叱咤激励されながら、何とか続けています。しかし、折角覚えたはずの漢字を2週間後にはすっかり忘れてしまっているので、周囲で漢字や日本語の言葉を目にしたり耳にすることがない環境で、日本語の語彙を増やし、漢字を覚えていくのは大変なことだなと親子共に実感しています。。。

赤子素陽愛(そふぃあ)は9ヶ月になり、つかまり立ちの腰つきが大分しっかりしてきました。今年、赤子をお腹に載せてご案内してもいいとおっしゃってくださるお優しいお客様が沢山いらして下さいまして、お客様を直接ご案内させていただく機会を多数賜りまして、心から感謝しております。本当に本当にありがとうございました。
私も当地に来る前には東京で会社員をしておりましたので、日本では考えられないことであることを重々承知しております。誠にありがとうございました。

ちょうど1歳になる来年2月からは、当地では男女皆共働きなので慣習としてほとんどの子が入る保育園に入園することになっております。赤子も新しいお友達に出会い、うちではしてあげられないような経験をたくさんさせてもらえるだろうと思います。

日本では、北欧雑貨や北欧家具が今も人気と聞き及んでおりますが、心地いい、という自分の感覚を非常に大切にするデンマーク人の表現「ヒュッゲ」が世界的に、そして日本でもはやっていると伺っております。華やかではなくても、親しい人たちと過ごすリラックスした心地よい時間を楽しむことを大切にするデンマーク人は、確かに「ヒュッゲリ(ヒュッゲの形容詞形)」という言葉を非常によく使います。デンマーク人のライフスタイルや考え方にスポットライトが当たっているんだなということを感じた一年でもありました。

今年も、福祉社会や、風力発電やバイオマス等の再生可能エネルギーへのご視察や通訳のご依頼を多数賜り、デンマーク社会に対する日本からの関心の高さを感じました。

また、キャッシュレス社会、公的機関と市民や民間企業をつなぐコミュニケーションのデジタル化等のご取材のお手伝いもさせていただき、小さい国でフットワークの軽いデンマークが持つ強みに、日本の方もご注目されていることを知りました。

グリーンランドの自然の魅力に関するメディアの方のお問い合わせや撮影のお手伝いを今年もさせていただいたのですが、北部カナックへのフライトは天候不良の為にキャンセルが続き、極地の厳しい自然環境を改めて感じました。また、グリーンランドに中国からの投資や関心が高まっていることに関しては、デンマークやアメリカが警戒をしており、これに対する日本のメディアの方からのお問い合わせも複数ありました。

新しい試みと致しましては、初めてフェロー諸島の撮影のコーディネーションをさせていただき、日本ではまだあまり知られていない、デンマークの自治領であり昔バイキングが入植した地であるフェロー諸島の魅力を再発見致しました。

一方で、私の周りのデンマーク人の中で最近、日本に行った、今度行く、是非行ってみたいという人がとても多くなっていることに気づきます。数年前は、デンマーク人は遠出というと皆タイかベトナムに行っていた印象がありますが、インバウンド振興の効果が出ているのか、最近デンマーク人の旅行のトレンドは日本になってきていると感じます。思えば、1950年代頃からデンマークで発展して現在も日本を含む国内外で高い人気を誇っている、アーネ・ヤコブセンやフィン・ユール、ハンス・ウェグナー等のファンクショナリズム(機能主義)の建築家・デザイナーは皆、日本の禅の思想やデザインに強い影響を受けているので、デンマーク人が日本への関心が高いというのも、今に始まったことでは決してないのでした。

来年もデンマークにて、観光ガイド、視察、通訳、撮影/取材コーディネーションのお手伝いをさせていただきたく存じます。どうか今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

デンマークもだいぶ寒くなって参りました。どうか皆様お体を大切になさってください。
またいつの日かデンマークにて皆様にお目にかかれる日が来ましたら、
誠に光栄に存じます!

デンマーク公認ガイド・通訳・コーディネーター
ウィンザー庸子

www.hokuoryoko.com

フォローをお願い致します!

2018年年末のご挨拶を申し上げます/今年デンマークで気付いたことのご報告” に対して2件のコメントがあります。

  1. 阿津地 るみ子(アヅチ ルミコ) より:

    ウィンザー 庸子 様

    おはようございます。
    新宿区在住の阿津地るみ子(アヅチ ルミコ)と申します。
    ご無沙汰いたしております。
    誠に申し訳ございません。
    今年7月中旬、私たち母娘の初デンマーク観光のガイドに数時間ではありましたが、
    庸子様から丁重な市内観光を受けました。その節は誠に有難う存じます。
    とっても安心かつとっても有難かったです。
    心より感謝申し上げる次第でございます。
    実は、翌日から、私たち母娘の心のゆとり(時間)がなく、
    他の世界遺産(クロンボー城他)の観光までできませんでした。
    心残りでした。(また来てくださいと言うことでしょう。笑)
    再度、訪れたいと心から思っております。(デンマーク王国は魅力的です。)
    その時は、庸子様、是非、再び、もう一度、ガイドを宜しくお願いいたしますね。
    (その時は主人も一緒です。笑)

    P.S.
    庸子様の男の子のお子様たち、随分大きくなりましたね。お二人とも聡明なお顔をされています。
    ご長男様、音楽がお好きなようで。良いですね~。(ウイーン少年合唱団は存じておりますが、コペンハーゲンもあるのですね。教えてくださり、有難うございます。)ご次男様、サッカーが大好きなようで、スポーツマンですね。これから楽しみです。)それから、ご長女のソフィアちゃん、可愛くて、大きくなりましたね~抱っこさせていただきました。笑 懐かしいです。
    庸子様のお子様が、それぞれの可能性をもって、健やかに成長されることを心からお祈り申し上げます。

  2. yoko_winther より:

    阿津地様

    コメントを頂いていたと気づかず、ご返信が遅くなってしまい、誠に申し訳ございませんでした。。。!
    また、過日はご依頼くださいまして、誠にありがとうございました。温かいお言葉を賜りまして、誠にありがとうございます。

    デンマーク少年合唱団は、過去には日本や中国にも遠征してコンサートをしたそうです。この度、1月からデンマークオペラ座で公演が始まるトゥーランドットに出演致します。小さい国というのは、晴れ舞台が競争などあまりなく身近にあるのはいいなと思います。

    はい、是非いつの日か、今度はご主人様もご一緒に、またデンマークにいらしてくださいませ!クロンボー城も、きっとまたいらしてくださいということだったのだと思います!いつの日か、また阿津地様に当地にてお目にかかれることを切に祈っております。

    ウィンザー庸子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です