通訳のウィンザー庸子さんのように、明るくて、行動力に満ちた日本人が、家庭人としても、職業人そしても、こうして活躍されてことを、とてもうれしく思いました。

通訳のウィンザー庸子さんのように、明るくて、行動力に満ちた日本人が、家庭人としても、職業人そしても、こうして活躍されてことを、とてもうれしく思いました。

通訳のウィンザー庸子さんのように、明るくて、行動力に満ちた日本人が、家庭人としても、職業人そしても、こうして活躍されてことを、とてもうれしく思いました。

コペンハーゲンの素敵な思い出をありがとうございました。

コペンハーゲンの街では、整備された道路を自転車で通勤する人たちが規則を守り、私たち日本人が忘れかけている質素で堅実な生活を営んでいることを感じ取りました。

今回は閑静な住宅街にある私立の幼稚園を見学させていただきました。ウィンザー庸子さんも、実生活でもお二人のお子さんを育てているので、通訳もより具体的に聞くことができました。

デンマークでは、生涯にわたって何が必要かを、国民すべてが理解していると感じました。「自分で考える」「考えたことを行動にうつす」「自分で考え決めたルールは守る」ということを幼児のころから家庭でも、幼稚園でも実践されていました。改めて、「幸せな国」をめざす姿を子どもの姿から見付けることができました。

通訳のウィンザー庸子さんのように、明るくて、行動力に満ちた日本人が、家庭人としても、職業人としても、こうして活躍されていることを、とてもうれしく思いました。コペンハーゲンの素敵な思い出をありがとうございました。

写真は、幼稚園の施設長さんとウィンザー庸子さんといっしょに写しました。

(デンマークの幼児教育現場をご視察いただきました、教員になる方のご教授ならびに教育学のご研究をされていらっしゃる、北海道からお越しの◇様)

フォローをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です