対岸にスウェーデンも見える、ルイジアナ現代美術館ツアー

ルイジアナ現代美術館では、芝生の上で憩いながら、彫刻をご鑑賞いただけます。

コペンハーゲン中央駅から、海岸沿いを北に向かう中距離電車で約30分。車窓を眺めながら、住宅地や森の小径を通り抜けた先にある、ルイジアナ近代美術館をご案内するツアーです。

世界中の美術関係者が“世界一美しい美術館”と賞賛するルイジアナ美術館では、広大な庭の自然と古い邸宅だった建物が、絶妙なバランスで美術品を引き立てています。

1958年、実業家クヌド・W・イェンセンが「多くの市民が近代アートに親しめる場所を作りたい」と私財を投じ、ルイジアナ美術館は開館しました。現在では年間50万人以上がこの美術館を訪れています。

デンマークらしく、美術館特有の堅苦しさのない、リラックスした空間ですので、回廊で繋がれた建物を気ままに移動し、絵画、彫刻、映像などの近代アートに触れ、カフェでひと休みし、テラスで海辺の風景を眺めることが出来ます。

館長のポール・エリック・トイナー氏は、「ルイジアナは、『単にそこに存在する』ために行く場所で、来館者がここで何をし、何を感じるかは各人に委ねられています。作品と私たち自身が触れ合うこと、それがルイジアナ創立時の発想であり、今日まで受け継がれています」と話しています。

館長一押しのエリアは、イタリアの彫刻家ジャコメッティの作品を展示している一角です。
「ルイジアナの中で最も美しく、国際的評価を受けているのは、ジャコメッティ・ギャラリーと呼ばれている、西棟からカルダー・テラスへ向かう途中の展示室です。窓から見える池からの反射、木々、そしてジャコメッティの彫刻が、あたかも総合アートのように融合しています。この調和がもらたらす荘厳さと親密さを、瞬時に感じるのではないでしょうか。空間とアートの相互作用を引き出すことに成功しているといえるでしょう」

大衆主義に陥らず、エリート的評価基準を維持しつつもそれを標榜することはない、ルイジアナが誇るバランス感覚を是非体験してください。

(参考:CreaTraveller)

フォローをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です