北欧で愛される絵本、「森の物語」をご紹介申し上げます

北欧で愛される絵本、「森の物語」は、ノルウェー生まれでデンマークに帰化し、

その人生のほとんどをデンマークで過ごした画家・作家のルイス・モエ(1857-1945年)

によって、1903年に描かれました。

 

いかにも北欧らしい、素朴で愛らしく、懐かしいタッチで、

100年以上前に描かれたこのルイス・モエの「森の物語」は、

北欧の人々の自然観や、森への敬意と愛情を感じる作品です。

 

子供が本来持つ自然に対する感性に訴えかけるこの作品は、

小さいお子さんと一緒に絵を見て、森の気持ちを一緒に考えたりお話しする、

 

北欧の幼児教育で盛んな、ダイアログ・リーディング

 

(絵本の読み聞かせの中で、聞いている子供も、

静かにじっと絵本の内容を受け取るだけでなく、

絵本の中の世界や主人公の気持ちについて考えを述べ、

読み手と対話をする参加型の読書方式)

 

にも最適ですし、

 

時代を越えて受け継がれる北欧の文化にご興味をお持ちの、大人の方にもお勧めです。

 

ご注文はこちらの、キンドルのサイトからお願い申し上げます!

また、北欧の絵本の翻訳出版に関する最新情報をお知らせしております、

こちらのfacebookページや、https://www.facebook.com/kaigaiehon/

(「いいね!」もお願い申し上げます!)

北欧・欧州 翻訳絵本のサイト https://www.hokuoryoko.com/kaigaiehon.html

も、ご高覧いただければ嬉しいです。

 

https://www.hokuoryoko.com

デンマークの完全プライベート・ガイドサービス・

現地情報満載「コペンハーゲン裏スポット30」無料進呈中!

 

北欧デンマーク・コペンハーゲンの注目スポットを、

現地在住公認ガイド・ウィンザー庸子がご紹介します。

フォローをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です