フェンシングのデンマーク選手権(ジュニア)の模様をお伝えします

フェンシングのデンマーク選手権(ジュニア)の模様をお伝えします

コペンハーゲン郊外、北シェラン島のビアケゴドという街で2019年3月16日、17日に行われました、14歳以下のフェンシング・デンマーク選手権大会に行ってきました。
デンマークで人気のスポーツと言えばサッカー、デンマークが発祥の地であるハンドボール、前回のオリンピックで、女子ダブルスが日本チームと対戦し、日本チームが勝って金メダル、デンマークチームが銀メダルとなったバドミントンですが、
日本の剣道が武士道に由来するように、欧州の騎士道に由来するフェンシングは、デンマークでも身近なスポーツです。
 
デンマークでも、伝統に則り、審判の人はフランス語で指示を出します。(デンマーク語で補足することもありますが)
ジュニアの試合でも、始まりや終わりに剣に敬意を表したり、対戦相手への挨拶など、礼儀作法はきちんとします。
個人の部と、団体の部の2部構成で行われました。
 
日本でも太田選手の活躍などで人気が高まっていると聞き及んでおりますフェンシングの、デンマーク選手権(ジュニア)の模様をお届けします。

https://www.hokuoryoko.com/?utm_source=blog&utm_medium=blog

www.hokuobusiness.com

デンマークの完全プライベート・ガイドサービス・通訳・視察/撮影などコーディネーション
現地情報満載「コペンハーゲン裏スポット30」無料進呈中!
北欧デンマーク・コペンハーゲンの注目スポットを、
現地在住公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーターの
ウィンザー庸子がご紹介します。

フォローをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です