デンマークの新型コロナ状況 その2 - まさかの国境封鎖に。。。

北欧デンマーク通信

 

デンマークの教育や生活、働き方、制度やデンマーク人の考え方について

 

こんにちは!デンマーク公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーターのウィンザー庸子です。

北欧デンマークで私が見聞きすること、感じることをお話しています。

 

デンマークの人口は約580万人で、これは兵庫県の人口規模とほぼ同じとなっています。ちなみに、コペンハーゲン市の人口は市内が約65万人、市外の住宅地なども入れたコペンハーゲン圏では約130万人で、これは神戸市の人口規模に匹敵します。国土の大きさは九州くらいです。

 

我が家には、デンマーク人の主人、デンマーク人でもあり日本人でもある、小学校5年生と、2年生の男子2人と、1歳のちょうどお誕生日の日から保育園に入った2歳の女子1人と、日本人の私がいます。

 

そこで私たちがデンマークで生活する中で感じる、デンマークの教育や、仕事や、生活や制度、デンマーク人の考え方について、お話したいと思います。

 

 

*************

デンマークの新型コロナ状況 その2 - まさかの国境封鎖。。。

 

リラックスが信条のデンマークでしたが、今回は勝手が違うようです。。。

17年前にデンマークに来ましたが(途中5年間主人の転勤で別の所にいました)、こんなことは初めてです。。。

 

昨日夜、デンマークのメッテ・フレデリクセン首相は、緊急記者会見を開き、翌日の2020年3月14日の12時より、電車、フェリー、飛行機、陸路の全てにおいて、国境を4月13日まで封鎖することを発表しました。国境の管理には警察が当たりますが、防衛省も協力する予定です。

 

私の主人は実は14日本日マレーシアに出張に行く予定だったのですが、キャンセルとなりました。帰って来られなくなる所でしたので、キャンセルの決定は妥当だったと言えます。

 

実は本日14日は日本語補習校もデンマークの学校の閉鎖を受けて休校となったのですが、国境をつなぐ橋を渡ってスウェーデンのマルメから通っている生徒さんも多くいますので、補習校が終わるのは12時35分ですので、もし休校になっていなかったら、授業後にもしかしたら帰宅できなくなってしまう所でした。。。!

 

実際には、国境は本日すぐに封鎖されるわけではなく、スウェーデンなどから来ている人に帰国を促し、その後もデンマーク本国に帰る、デンマークに物資を運びに来た、などの相応な理由がある人に限っては、入国が可能となるそうですが、単なる観光や外国に住む家族に会いに来たなどの理由では、2020年4月13日まで入国できなくなります。

 

また、首相は、医療機関は、医療関係者が感染するのを防ぐ為、緊急の状態を除いて、コロナ以外の患者は当面診ないという方針を打ち出しました。従って、緊急でない手術などは延期されることになりました。

 

メッテ・フレデリクセン首相自身も、コロナを疑う検体などの症状があったためコロナ検査を受けたのですが、陰性だったということです。

 

2020年3月11日には、16日月曜日から学校と保育園、12日から図書館や市役所などの公的機関を2週間閉鎖し、公務員は自宅勤務とし、100人以上集まる集会や場所は閉鎖し、12日からできる限り民間企業も自宅勤務を奨励し、子供たちを自宅で見るように、という決定をしています。(前回のメルマガ・ブログをお送りしたその夜決定されました。)

 

デンマーク保健庁のホームページによると、2020年3月1日現在の感染者は、デンマークで3998名が検査を受け、801名が感染、デンマーク領のフェロー諸島で116名検査して感染者3名となっています。死者は出ていませんが、入院患者は23名、その内2名が重篤な状態にあります。

https://www.sst.dk/da/viden/smitsomme-sygdomme/smitsomme-sygdomme-a-aa/coronavirus/spoergsmaal-og-svar

 

2020年3月13日の国境封鎖の記者会見と共に、首相はデンマークの子供向けの会見も行っています。毎日通っていた学校が閉鎖されるにあたり困惑している子供たちに向けて、首相が直接子供たちに向けて会見を行ったというのはデンマークらしいと思いました。

 

メッテ・フレデリクセン首相は、今までデンマークが経験したことのない事態として、国民に協力を求めています。

 

デンマークのような国で、国境が封鎖されるとは私も想定していませんでしたが、2020年4月13日までデンマークは鎖国状態となります。。。

 

健康で家族と一緒にいられる時間は貴重なのだと思いますが、鎖国となってしまうとガイドや通訳・コーディネーター業は難しい状況となってしまうので、どうしたらよいものかと正直困っております。。。

 

****************

北欧デンマーク通信

 

北欧の福祉や環境政策、さらには心地良いを意味するヒュッゲで知られるデンマーク。

 

国民みな共働きでワークライフバランス重視の考え方、生き方の、実際どうなの?を、

2003年からデンマークに在住の公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーター&主婦で3人の母親の、

ウィンザー庸子がお伝えします。

 

ウィンザー庸子のプロフィールはこちらになります。

https://www.hokuoryoko.com/guide.html

https://hokuobusiness.com/staff/

 

ウィンザー庸子のフェイスブックはこちらになります。

https://www.facebook.com/yokowinther

 

ウィンザー庸子の連絡先はこちらになります

 

デンマークのプライベート・ガイド サービスはこちら

https://www.hokuoryoko.com/?utm_source=blog&utm_medium=blog

 

デンマークの通訳、視察商談手配、撮影コーディネ-ションはこちら

http://www.hokuobusiness.com/?utm_source=blog&utm_medium=blog

 

デンマーク公認ガイド、通訳、コーディネーター

ウィンザー庸子

 

www.hokuoryoko.com

www.hokuobusiness.com

 

 

デンマークの完全プライベート・ガイドサービス・通訳・視察/撮影などコーディネーション

現地情報満載「コペンハーゲン裏スポット30」無料進呈中!

 

北欧デンマーク・コペンハーゲンの注目スポットを、

現地在住公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーターの

ウィンザー庸子がご紹介します。

 

これまでの動画やブログはこちらからご覧いただけます。

https://www.youtube.com/channel/UC6_oiBtJYKCB6iTVTj3oeMw

 

https://www.facebook.com/yokowinther

 

https://ameblo.jp/hokuoryoko

 

デンマーク公認ガイド、通訳、コーディネーター

ウィンザー庸子

www.hokuoryoko.com

www.hokuobusiness.com

フォローをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です