デンマークの展望塔、ラウンドタワーのご紹介

デンマークの首都コペンハーゲンの市中心部には、クリスチャン4世によって1642年に建てられた展望塔、ラウンドタワーがそびえたっています。中は最後に少し階段がある以外はスロープになっていて、ロシアのピョートル大帝が馬で駆け上がったというエピソードも残っています。市中心部は多くの建造物が文化財に指定されておりラウンドタワーよりも高い建物が新しく建てられなくなっておりますので、ラウンドタワーの頂上からは、コペンハーゲンの街が一望できます。

 

https://www.hokuoryoko.com

デンマークの完全プライベート・ガイドサービス・

現地情報満載「コペンハーゲン裏スポット30」無料進呈中!

 

北欧デンマーク・コペンハーゲンの注目スポットを、

現地在住公認ガイド・ウィンザー庸子がご紹介します。

フォローをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です