デンマークでは、教育費のことを心配しないでいられるから日本ほど少子化が進んでいないのか、を検証します!

北欧デンマーク通信

デンマークの教育や生活、働き方、制度やデンマーク人の考え方について

こんにちは!デンマーク公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーターのウィンザー庸子です。

北欧デンマークで私が見聞きすること、感じることをお話しています。

最新情報をメールでお届けしています。

また、現地在住ガイドが、本当は教えたくない(?!)とっておきのデンマーク・コペンハーゲンの穴場スポット「コペンハーゲン裏スポット30」も無料ご送付しております!

よろしければ是非、こちらからご登録下さい。

www.hokuoryoko.com

***************

デンマークの人口は約580万人で、これは兵庫県の人口規模とほぼ同じとなっています。ちなみに、コペンハーゲン市の人口は市内が約65万人、市外の住宅地なども入れたコペンハーゲン圏では約130万人で、これは神戸市の人口規模に匹敵します。国土の大きさは九州くらいです。

我が家には、デンマーク人の主人、デンマーク人でもあり日本人でもある、中学校1年生と、4年生の男子2人と、1歳のちょうどお誕生日の日から保育園に入った3歳の女子1人と、日本人の私がいます。

そこで私たちがデンマークで生活する中で感じる、デンマークの教育や、仕事や、生活や制度、デンマーク人の考え方について、お話したいと思います。

*************

デンマークでは、教育費のことを心配しないでいられるから日本ほど少子化が進んでいないのか、を検証します! 

デンマークの教育は、こちらの児童教育省のHPにもありますように、

https://www.uvm.dk/uddannelsessystemet/overblik-over-det-danske-uddannelsessystem

0年生という幼稚園の年長に相当するクラスから大学まで公立でしたら、基本的に無料です。

ただし、小中学校、高校(若干)にはカトリックの教会を母体にした、または少人数で教育する方針の、またはシュタイナー教育を行っているなどの、

私立学校もあり、私立学校は有料です。

月謝のレベルは、子供一人当たり3-5万円程度で、恐らく日本の私立学校と同じくらいで、アメリカのように30万円などという高額ではありません。

大学や専門学校は、コスメなどの特殊な学校以外は公立で、無料です。

高等教育を受ける人には、無返済の奨学金もあります。

https://danskherognu.dk/4/danmark-og-danskerne/uddannelsessystemet

従いまして、私立に行かなければ、確かに基本的には学校はタダと言え、高等教育を受ける医師と資格のある人には、国からお小遣いまで出るわけです。

これは、家庭の状況如何にかかわらず、できるだけの教育を受けることを奨励し、財政的な支援も行って、社会で行かせる技能を身に付けてもらうことによって、

失業保険のお世話になって福祉国家の負担になる可能性を減らし、

できるだけ高給の仕事に就き、または自分で高収入の仕事を生み出してもらうことによって、

収入の半額またはそれ以上を税金として国が徴収するので、一人一人の収入が多い方が国も潤うという、いわば国による将来の納税者へのリスクヘッジと同時に投資なのです。

デンマークでは、確かに、家計の事情の為に子供を諦めるといった話はついぞ聞きません。

人々は、欲しいと思う人数の子供を産んでいる印象です。

これは、デンマークが福祉国家で、教育費や医療費があまりかからないからという側面も寄与していると思いますが、デンマークでは、安価で楽しいレストランなどが少なく、何をするにもとてもお金がかかり、そもそも日本よりも娯楽が少ないので独身ライフをエンジョイできるような場も少なく、シンプルで質素な暮らしをしている人が多いのと、仕事が日本ほど激務で長時間労働を強いられないので、ストレスが少ないので、早めに家庭を持って、子供も早めにできるという人が多いような気がします。

とあるご視察で通訳をさせていただいた教育関係の方は、私に子供が3人いるとお話しすると、多いですね、日本ではなかなか3人は持てないですとおっしゃっていたのですが、

私はアフリカに住んでいた時に、アフリカの人は社会保障がほとんどないに等しくて貧しくても子だくさんだったのを知っています。

結局子供の数というのは、人々が何を望むか、プライオリティーのつけ方の問題ではないかと思います。

例えば私のうちはコペンハーゲン市内から12㎞の所にあるのですが、うちには車がなく、どこに行くにも自転車かたまに電車で大変ですが、子供は3人です。外食はほとんどしていません。

よほどの貧困状態にある方でなければ、先進国の日本でも、いざという時の社会保障はありますし、奨学金制度もありますので、実は子供を育てられない、教育を受けさせられない、ということはほとんどないのではないかと思います。

子供がたくさんいたら楽しいだろうなと思えるような環境にいるか、また、人々が人生のプライオリティーをどこに置くかによって、子供の数は決められるのだろうと思います。

****************

北欧デンマーク通信 

北欧の福祉や環境政策、さらには心地良いを意味するヒュッゲで知られるデンマーク。

国民みな共働きでワークライフバランス重視の考え方、生き方の、実際どうなの?を、

2003年からデンマークに在住の公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーター&主婦で3人の母親の、

ウィンザー庸子がお伝えします。

ウィンザー庸子のプロフィールはこちらになります。

ウィンザー庸子の連絡先はこちらになります

最新情報をメールマガジンで配信しております。

下記より是非ご登録下さい!

デンマークの完全プライベート・ガイドサービス・通訳・視察/撮影などコーディネーション

現地情報満載「コペンハーゲン裏スポット30」も無料進呈中!

デンマークのプライベート・ガイド サービスもご案内しています。

https://www.hokuoryoko.com/?utm_source=blog&utm_medium=blog

デンマークの通訳、視察商談手配、撮影コーディネ-ションはこちら

http://www.hokuobusiness.com/?utm_source=blog&utm_medium=blog

これまでの動画やブログはこちらからご覧いただけます。

https://www.youtube.com/channel/UC6_oiBtJYKCB6iTVTj3oeMw

https://ameblo.jp/hokuoryoko

フェイスブックはこちらになります。

https://www.facebook.com/yokowinther

グリーンランドのプライベートガイド・ボートツアーもご手配申し上げます。 jp.greenlandtours.hokuoryoko.com

英語・デンマーク語の、Web通訳、電話会議通訳、オンライン通訳 onlineinterpretation.hokuobusiness.com

オンラインでデンマーク語や英語、北欧式ライフスタイルコーチング onlinedanish.hokuobusiness.com

北欧の絵本の翻訳出版

https://hokuoryoko.com/kaigaiehon.html

旅行で必要な会話に特化した英語講座

-これで乗り継ぎも、チェックインも、オーダーも怖くない!

速習旅行英語・必須表現100

https://enjoydanish.teachable.com/p/travelenglish/

デンマーク語オンライン講座

https://enjoydanish.teachable.com/p/express/

日本語オンライン講座

https://enjoyjapanese.teachable.com/p/express

デンマーク公認ガイド、通訳、コーディネーター

ウィンザー庸子

www.hokuoryoko.com

www.hokuobusiness.com

フォローをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です