コロナで試される、EUの移動、居住、就労の自由

北欧デンマーク通信

デンマークの教育や生活、働き方、制度やデンマーク人の考え方について

こんにちは!デンマーク公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーターのウィンザー庸子です。

北欧デンマークで私が見聞きすること、感じることをお話しています。

最新情報をメールでお届けしています。

また、現地在住ガイドが、本当は教えたくない(?!)とっておきのデンマーク・コペンハーゲンの穴場スポット「コペンハーゲン裏スポット30」も無料ご送付しております!

よろしければ是非、こちらからご登録下さい。

www.hokuoryoko.com

***************

デンマークの人口は約580万人で、これは兵庫県の人口規模とほぼ同じとなっています。ちなみに、コペンハーゲン市の人口は市内が約65万人、市外の住宅地なども入れたコペンハーゲン圏では約130万人で、これは神戸市の人口規模に匹敵します。国土の大きさは九州くらいです。

我が家には、デンマーク人の主人、デンマーク人でもあり日本人でもある、中学校1年生と、4年生の男子2人と、1歳のちょうどお誕生日の日から保育園に入った3歳の女子1人と、日本人の私がいます。

そこで私たちがデンマークで生活する中で感じる、デンマークの教育や、仕事や、生活や制度、デンマーク人の考え方について、お話したいと思います。

*************

コロナで試される、EUの移動、居住、就労の自由

デンマークでは、ロックダウン中、必要な事情以外のあらゆる国への渡航を止めることが勧告されていました。

しかしながら、オーストリアのアルプス山脈では、デンマーク人を含む外国の若者が、おEUで認められている移動と労働の自由を理由に、季節労働の仕事を探す名目で入国し、オーストリアでは現在入国の目的として認められていないスキー旅行を楽しんでいるという問題が浮上しました。

スキーリゾートのあるチロルのサンクト・アントン市の市長、ヘルムート・モール氏は、クリスマス前後から、1日10-15名の外国人の若者がデンマーク、スウェーデン、イギリスなどからやってくると述べました。

ロックダウン中のオーストリアでは、スキー旅行産業は実質上機能していませんでした。それにもかかわらず、季節労働の仕事を探しに来たというのが彼らの言い訳となっていました。EU加盟国の国民には、移動の自由、就労の自由があるからです。

地元の人用のスキー場でスキーをしたり、30-40名の若者が違法に集まってパーティーをしている写真がソーシャルメディアに上がっており、警察も確認していました。

2020年はサンクト・アントンから感染拡大が始まったと当局は批判しており、チロルでは、新しい変異型のコロナウイルスが蔓延していました。

デンマークのジャーナリスト、ヤコブ・ウィンター氏は、内務省がチロルやヴォラルベアがロックダウンを守れるよう、罰則が実施されているのかと疑問を呈しました。サンクトアントン市長は、イギリス人が虚偽の住所登録をしたり、営業しているホテルがある事実をつかんでいる、と述べていました。

ジャーナリスト兼テレビ番組司会者であるアーミン・ウォルフ氏は、ちゃんと規則をも守って、友達と画面越しにしか会っていない若者が、驚きと不公平感を感じてしまうだろうと指摘していました。

しかし、外国からくる旅行者に対して、サンクトアントン市ができることは限られていました。EU法が、他のEU国に自由に移動し、職探しをすることを認めている為です。イギリス人は、恐らく、ブレクジットが年明けに施行される前に入国したのだと思われます。

到着後に若者は市役所に行き、ロックダウン中で少しでも稼ぎたいペンションからの書類を持って偽の住所登録と求職者登録をしていました。驚くべきことには、ソーシャルメディアでは入国及び滞在規制をかいくぐってビジネス目的として入国し、5日間の隔離の後に自由にスキーを楽しむ方法が公開されていました。

デンマーク人を含む約300名が、2020年12月時点で季節労働者としてサンクトアントンに入っていました。1月にロックダウンが解除されることを期待して、スキー場で仕事を見つけようと思って来た人もいれば、ロックダウンが延長されることが決まってから、スキーを楽しみに敢えて来た人もいます。

サンクトアントンでの感染拡大を防ぐ為、市民には外国からの旅行者に部屋を貸さないよう手紙を送り、現在警察は違法なパーティーを防ぐ方策を取っていました。

モール市長は、コロナが収束してからまた是非アルペンに来てください、今はまだ我慢しましょう、とデンマーク人の若者に訴えていました。

コロナは、EUの理念である移動の自由、居住の自由、就労の自由にも、疑問符を突き付けるものとなってしまいましたが、現在ではオーストリアとデンマークは隔離要件などが撤廃され、往来が再開されています。

****************

北欧デンマーク通信 

北欧の福祉や環境政策、さらには心地良いを意味するヒュッゲで知られるデンマーク。

国民みな共働きでワークライフバランス重視の考え方、生き方の、実際どうなの?を、

2003年からデンマークに在住の公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーター&主婦で3人の母親の、

ウィンザー庸子がお伝えします。

ウィンザー庸子のプロフィールはこちらになります。

ウィンザー庸子の連絡先はこちらになります

最新情報をメールマガジンで配信しております。

下記より是非ご登録下さい!

デンマークの完全プライベート・ガイドサービス・通訳・視察/撮影などコーディネーション

現地情報満載「コペンハーゲン裏スポット30」も無料進呈中!

デンマークのプライベート・ガイド サービスもご案内しています。

https://www.hokuoryoko.com/?utm_source=blog&utm_medium=blog

デンマークの通訳、視察商談手配、撮影コーディネ-ションはこちら

http://www.hokuobusiness.com/?utm_source=blog&utm_medium=blog

これまでの動画やブログはこちらからご覧いただけます。

https://www.youtube.com/channel/UC6_oiBtJYKCB6iTVTj3oeMw

https://ameblo.jp/hokuoryoko

フェイスブックはこちらになります。

https://www.facebook.com/yokowinther

グリーンランドのプライベートガイド・ボートツアーもご手配申し上げます。 jp.greenlandtours.hokuoryoko.com

英語・デンマーク語の、Web通訳、電話会議通訳、オンライン通訳 onlineinterpretation.hokuobusiness.com

オンラインでデンマーク語や英語、北欧式ライフスタイルコーチング onlinedanish.hokuobusiness.com

北欧の絵本の翻訳出版

https://hokuoryoko.com/kaigaiehon.html

デンマーク語オンライン講座

https://enjoydanish.teachable.com/p/express/

日本語オンライン講座

https://enjoyjapanese.teachable.com/p/express

デンマーク公認ガイド、通訳、コーディネーター

ウィンザー庸子

www.hokuoryoko.com

www.hokuobusiness.com

フォローをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です