コペンハーゲン郊外の海岸で短い夏の夕方を楽しむ人々 その2

コペンハーゲン郊外の海岸で短い夏の夕方を楽しむ人々 その2

 

2015年の夏の訪れは、デンマークとしても本当に遅く、6月後半になっても気温は10-15度にまでしか上がらず、雨の日も多く、私は冬と同じダウンジャケットを着ていました。しかし、7月にはいって、突然夏はデンマークにもやってきてくれました!突然気温は25-28度にまで上がり、湿気がなくサラッとして日陰では涼しい風が吹きながらも、日なたでは強い日差しが感じられるまでになりました。でも、こんな夏日が続くのは束の間で、デンマークでは8月に入ると早くも秋風が吹き始めます。。。デンマーク語には残暑という言葉はありません。。。従って、学校も8月には始まります。そんなデンマークの短い夏の夕方を楽しむ人ば集まる海岸の様子をご覧ください。ちなみに、水は残念ながらまだとても冷たいので、海の中で遊ぶのは主に子供と犬です。大人はもっぱら砂浜でピクニックしたりのんびりしています。

 

しかし、この動画を録画した後、その夏は3日で終わり。。。また10-13度で雨の降る肌寒い日が続いてしまっています。すっかり夏が来たのかと勘違いして薄着でガイドに出た私は、冬なのかと思うほど寒さに震える羽目になってしまいました。。。とほほ。。。

https://www.hokuoryoko.com

デンマークの完全プライベート・ガイドサービス・

現地情報満載「コペンハーゲン裏スポット30」無料進呈中!

北欧デンマーク・コペンハーゲンの注目スポットを、

現地在住公認ガイド・ウィンザー庸子がご紹介します。

フォローをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です