オーデンセにある、アンデルセンの生家をご紹介します その1

オーデンセにある、アンデルセンの生家をご紹介します

 

コペンハーゲンの西にあるフュン島の街、オーデンセは、アンデルセンが生まれた町として知られています。市内中心部は徒歩で歩けて、コンパクトでアンデルセンの足跡に満ちた町です。街の中心部には、アンデルセン博物館やアンデルセンの生家があります。

アンデルセン博物館は、アンデルセンが生まれた時から2歳まで住んでいたうちの跡地に建っています。アンデルセンの生家では、アンデルセンが2歳から14歳でコペンハーゲンに上京するまで住んでいた生家が残されています。生家では、病気の靴職人だったアンデルセンのお父さんの作業場も見られます。この生家で、貧しい5家族がひしめき合って住んでいたそうです。

https://www.hokuoryoko.com

デンマークの完全プライベート・ガイドサービス・

現地情報満載「コペンハーゲン裏スポット30」無料進呈中!

北欧デンマーク・コペンハーゲンの注目スポットを、

現地在住公認ガイド・ウィンザー庸子がご紹介します。

フォローをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です