イースター休暇中の公園に、春の訪れを告げるクロッカスが咲いていました その3

イースター休暇中の公園に、春の訪れを告げるクロッカスが咲いていました

 

3月の最後の日曜日、イースターの休暇中の公園では、一面にクロッカスが咲いていました。

この公園は、コペンハーゲンの北部で隣のゲントフテ市の、ヘレロップという町にある、ウアゴーズパーケンという公園です。公園内には、デンマーク内外の著名な画家の作品を展示しているウアゴ―ズ美術館という美術館もあります。

 

公園では、あちこちに隠された10個のイースターエッグを、地図を手掛かりに探し、卵の所にあるイースターの歴史に関する質問に答えて、質問用紙を提出すると、チョコレートでできたイースターエッグをもらえるというイベントが開催されて、子供連れ家庭で賑わっていました。

 

今日から夏時間も始まり、日本との時差も8時間から7時間になります。まだ日中5度-8度程度で空気は冷たいですが、だんだん日が長くなってきて、春の訪れを感じます。

https://www.hokuoryoko.com

デンマークの完全プライベート・ガイドサービス・

現地情報満載「コペンハーゲン裏スポット30」無料進呈中!

 

北欧デンマーク・コペンハーゲンの注目スポットを、

現地在住公認ライセンスガイド・ウィンザー庸子がご紹介します。

フォローをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です