アンデルセン博物館で、勇敢な1本なしの兵隊さんの劇を上演していました!

https://youtu.be/19gfj2ua45w

アンデルセン博物館で、勇敢な1本なしの兵隊さんの劇を上演していました!

コペンハーゲンのあるシェラン島の西にある、フュン島の中心地で、デンマーク第3の都市オーデンセで、
アンデルセンは1805年に、貧しい洗濯婦のお母さんと、病気の靴職人のお父さんから生まれました。

その後、14歳の時に、オペラ歌手やバレーダンサーを目指してコペンハーゲンに上京してくるのですが、
その夢は潰えます。しかし、才能があったアンデルセンは、王立劇場の支配人や時の王様に目をかけてもらい、
お金持ちの子弟が通うラテン学校に行かせてもらったり、ヨーロッパ旅行に行かせてもらったりして、
コペンハーゲンのニューハウンの20番というアパートで、初めての文芸作品を書きました。

アンデルセンの故郷オーデンセには、アンデルセンの生涯と作品を展示したアンデルセン博物館があります。
その前庭の屋外シアターでは、毎年夏アンデルセンのお話を劇にしたお芝居が上演されます。
今年は、勇敢な一本足の兵隊さんという、悲しくも美しい恋のお話を上演していました。

https://www.hokuoryoko.com

 

デンマークの完全プライベート・ガイドサービス・

現地情報満載「コペンハーゲン裏スポット30」無料進呈中!

 

北欧デンマーク・コペンハーゲンの注目スポットを、

現地在住公認ライセンスガイド・ウィンザー庸子がご紹介します。

フォローをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です