デンマークの児童や若者の学校生活

北欧デンマーク通信

デンマークの教育や生活、働き方、制度やデンマーク人の考え方について

こんにちは!デンマーク公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーターのウィンザー庸子です。

北欧デンマークで私が見聞きすること、感じることをお話しています。

最新情報をメールでお届けしています。

また、現地在住ガイドが、本当は教えたくない(?!)とっておきのデンマーク・コペンハーゲンの穴場スポット「コペンハーゲン裏スポット30」も無料ご送付しております!

よろしければ是非、こちらからご登録下さい。

www.hokuoryoko.com

***************

デンマークの人口は約580万人で、これは兵庫県の人口規模とほぼ同じとなっています。ちなみに、コペンハーゲン市の人口は市内が約65万人、市外の住宅地なども入れたコペンハーゲン圏では約130万人で、これは神戸市の人口規模に匹敵します。国土の大きさは九州くらいです。

我が家には、デンマーク人の主人、デンマーク人でもあり日本人でもある、中学校1年生と、4年生の男子2人と、1歳のちょうどお誕生日の日から保育園に入った3歳の女子1人と、日本人の私がいます。

そこで私たちがデンマークで生活する中で感じる、デンマークの教育や、仕事や、生活や制度、デンマーク人の考え方について、お話したいと思います。

*************

デンマークの児童や若者の学校生活

デンマークでは受験の方式が、日本のように試験日に実力を測る方式ではなく、学校の成績と全国試験の成績、課外活動を総合的に判断する、いわば皆が推薦入学に近い方式なので、若者の勉強へのプレッシャーは、ないというわけではありませんが、日本とは全く質が違っています。

デンマークでは、教科書も日本のように体系的ではなく、例えば歴史なら、時代を古代から現代に沿って見て行くのではなく、今週は中世に関してグループ毎に担当のテーマ調べて発表、来週はバイキング時代に関してグループ毎に担当のテーマを調べて発表、というグループ学習主体のアクティブラーニングが盛んです。

従って、勉強でも一人で背負い込むことがなく、勉強で競争にさらせれることもなく、友達と協力して解決を図るので、成績や勉強にストレスを感じている学生はデンマークではほとんど見かけません。

特に中学生までは、全人格的な成長が、その後の専門教育や高等教育を受ける基盤になるとして重視されています。児童が楽しく学校に通えているかを国もよく調査し、中学3年生の全国試験の成績の学校平均と同じ位、学校の良し悪しを決める重要な指標として認識されています。

ただ、うちの子達の学校のクラスを見ていると、文化が違っても子供社会の本質は変わらない所もあるようで、男の子はあまりこだわりなくいろんな友達とその時々で遊んでいるのに対して、特に女の子は、お洒落に目覚めたのグループと、スポーツや趣味に一生懸命のグループがあったり、なんか日本で見たのと同じ感じだなと思ったりもします。

授業に関しては、小学校の一クラスは24人程度に抑えられ、指導体制は細やかです。

集中力がなかったり、失読症だったり、細やかに隣で教えて理解できるといった、他の生徒に比べて特別なニーズがある生徒には、補助教員が付くこともあります。

軽度のADHDを持つ生徒の椅子は、刺激を与えることによって集中力を高める一助となるボールが入った座布団が付けられているなど、補助器具を使うこともあります。

これはインクルージョンの考え方で、学習に困難を伴う多様性のある生徒を、その生徒が必要とするサポートをつけることによって、できるだけ普通学校の普通学級で教育しようという考え方です。

小学1年生になる前には、保育士の先生が学校の教室で、文字を書いたり、静かに授業を聞くことを学ぶ、0年生という学年が5歳からあります。0年生は、学校での勉強が本格的に始まる前に、自由に過ごせることが多かった保育園から、集団で学校という環境と、ほとんどの家庭が共働きなので通っている放課後の学童保育という環境に慣れる、学校生活への導入期として位置づけられています。

デンマークではアメリカや日本と異なり、放課後のスポーツ活動は学校の部活ではなく、スポーツや趣味の協会が運営しています。こうした趣味の協会は、市に申請すると税金から補助金を受給できるので、参加費はそんなに高くありません。うちの長男は少年合唱団とフェンシング、次男はサッカーに、自分の意志で通っています。

こうして多様な個性とニーズがあるのは当然という前提のもとに、必要な教育支援をするという姿勢を持っているデンマークの教育制度は、子供達にとってプレッシャーが少なく、少しうらやましくもあります。

しかし同時に、0年生から中学3年生に当たる9年生までクラス替えがないので、もしクラスの友達と馬が合わなくなったら、大変だなと思ったりもします。実際、友達との関係等が原因で転校する生徒もいます。

そして放課後は自由に自分の好きな趣味を追求し、そこには軍隊制度や軍事教育の名残を感じさせる先輩後輩のヒエラルキーも厳しい規則もありません。

放課後の趣味のクラブは、季節の行事やパーティーなども開いて、社交の場としても重要な役割を果たしているので、子供達にとって学校に次ぐ社会となっています。

もし学校で友達とうまく行かないことがあっても、学校が世界の全てではなく、クラブの友達がいるという安心感を与える、子供達にとって大切な場所でもあります。

デンマークの教育制度は、日本とは異なる点が沢山あります。

とりわけ、仲間を協力して自ら調べ、探求して深い知識を身に着けていく、グループ学習に基づくアクティブラーニングは、日本でも注目されているようで、日本の教育関係者の方や政治家の方が、ご視察にいらしたりもしています。

ご視察の手配と同行通訳可能ですので、ご関心のある方は、是非ご連絡ください!

****************

北欧デンマーク通信 

北欧の福祉や環境政策、さらには心地良いを意味するヒュッゲで知られるデンマーク。

国民みな共働きでワークライフバランス重視の考え方、生き方の、実際どうなの?を、

2003年からデンマークに在住の公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーター&主婦で3人の母親の、

ウィンザー庸子がお伝えします。

ウィンザー庸子のプロフィールはこちらになります。

ウィンザー庸子の連絡先はこちらになります

最新情報をメールマガジンで配信しております。

下記より是非ご登録下さい!

デンマークの完全プライベート・ガイドサービス・通訳・視察/撮影などコーディネーション

現地情報満載「コペンハーゲン裏スポット30」も無料進呈中!

デンマークのプライベート・ガイド サービスもご案内しています。

https://www.hokuoryoko.com/?utm_source=blog&utm_medium=blog

デンマークの通訳、視察商談手配、撮影コーディネ-ションはこちら

http://www.hokuobusiness.com/?utm_source=blog&utm_medium=blog

これまでの動画やブログはこちらからご覧いただけます。

https://www.youtube.com/channel/UC6_oiBtJYKCB6iTVTj3oeMw

https://ameblo.jp/hokuoryoko

フェイスブックはこちらになります。

https://www.facebook.com/yokowinther

グリーンランドのプライベートガイド・ボートツアーもご手配申し上げます。 jp.greenlandtours.hokuoryoko.com

英語・デンマーク語の、Web通訳、電話会議通訳、オンライン通訳 onlineinterpretation.hokuobusiness.com

オンラインでデンマーク語や英語、北欧式ライフスタイルコーチング onlinedanish.hokuobusiness.com

北欧の絵本の翻訳出版

https://hokuoryoko.com/kaigaiehon.html

旅行で必要な会話に特化した英語講座

-これで乗り継ぎも、チェックインも、オーダーも怖くない!

速習旅行英語・必須表現100

https://www.udemy.com/course/travelenglish100/

デンマーク語オンライン講座

デンマーク語速習重要表現100

https://www.udemy.com/course/danish100/

デンマーク語必須文法56

https://www.udemy.com/course/danishgrammar56/

日本語オンライン講座

100 useful and easy Japanese expressions for busy learners

https://www.udemy.com/course/100japaneseexpressions/

56 Essential Japanese grammar

https://www.udemy.com/course/56-essential-japanese-grammar/

デンマーク公認ガイド、通訳、コーディネーター

ウィンザー庸子

www.hokuoryoko.com

www.hokuobusiness.com

フォローをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です