デンマーク王家の王冠や財宝も見られる、離宮ローゼンボー城

北欧デンマーク通信

デンマークの教育や生活、働き方、制度やデンマーク人の考え方について

こんにちは!デンマーク公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーターのウィンザー庸子です。

北欧デンマークで私が見聞きすること、感じることをお話しています。

最新情報をメールでお届けしています。

また、現地在住ガイドが、本当は教えたくない(?!)とっておきのデンマーク・コペンハーゲンの穴場スポット「コペンハーゲン裏スポット30」も無料ご送付しております!

よろしければ是非、こちらからご登録下さい。

www.hokuoryoko.com

***************

デンマークの人口は約580万人で、これは兵庫県の人口規模とほぼ同じとなっています。ちなみに、コペンハーゲン市の人口は市内が約65万人、市外の住宅地なども入れたコペンハーゲン圏では約130万人で、これは神戸市の人口規模に匹敵します。国土の大きさは九州くらいです。

我が家には、デンマーク人の主人、デンマーク人でもあり日本人でもある、中学校1年生と、4年生の男子2人と、1歳のちょうどお誕生日の日から保育園に入った3歳の女子1人と、日本人の私がいます。

そこで私たちがデンマークで生活する中で感じる、デンマークの教育や、仕事や、生活や制度、デンマーク人の考え方について、お話したいと思います。

*************

デンマーク王家の王冠や財宝も見られる、離宮ローゼンボー城

コペンハーゲン最大の観光名所の一つである離宮ローゼンボー城は、デンマークの著名な王クリスチャン4世によって、1606年に建設されました。

この離宮は、クリスチャンボー城に住んでいたクリスチャン4世が、プライベートな時間を過ごす為の別荘でした。当時コペンハーゲンは城壁に囲まれ、街の面積が限られる中で人口が増えたので、水が汚染されて人々で溢れかえっていました。

ローゼンボー城の辺りは城壁の外で、野っぱらで水も空気も綺麗で、広々としていたため、クリスチャン4世を始めとする歴代の王様たちは、ローゼンボー城で過ごす時間を好んだそうです。

現在ではこのお城は、17世紀から19世紀までの王家の歴史を、王様の年代毎に学べる博物館として、一般に公開されています。ちなみに、19世紀以降の王家の歴史を語る遺物は、アメリエンボー城の博物館で公開されています。従って、この2つのお城を訪れると、デンマーク王家の歴史が17世紀から現在まで分かります。

ローゼンボー城の周りは、アメリエンボー城のおとぎ話に出てくるような伝統的な軍服を纏った衛兵さんとは異なり、迷彩服を着た衛兵さんが警護しています。それは、このお城に王家の財宝が集められている為です。

薄暗い内部に入ると、まず1階には、王家の家系図や中国からの調度品などが飾られたエントランスホール、クリスチャン4世の書き机やクッションも残っている王様お気に入りの書斎、謁見の間に使われた冬の間、クリスチャン4世が海戦で右目を負傷した時身に着けていた、彼の血が残っている服や剣がある王様の寝室、当時屋内に設置されるのは珍しかったというトイレ、クリスチャン4世の息子で絶対王政を確立したフレデリック3世の間、絶対王政の確立を祝って造られた大理石の間、クリスチャン5世の居間があります。

2階には、18世紀の王様フレデリック4世から19世紀の王様フレデリック7世までの各王様の部屋があり、肖像画や調度品が集められています。

そして階段を上がって3階まで行った所にある大広間には、王家を守る3頭の銀のライオンの像と、戴冠式で使われる王座が並んでいます。壁には、デンマークとスウェーデンの海戦の様子を語ったタペストリーもかけられています。

更に、大広間の奥には、ロイヤルコペンハーゲンが王家の為に制作した食器フローラ・ダニカや日本の有田焼のフルセットを飾った小部屋や、王家が収集したヴェネチアンガラスを美しく飾った煌めく小部屋、王家の調度品や絵画や財宝を保管した小部屋があります。

一旦外に出て、地下に行く階段を下ると、象牙や琥珀でできた王家の装飾品や王様の剣やライフル、17世紀初頭に醸造されて現在も残るワイン、絢爛豪華な装飾が程濃された王家の鞍やアクセサリー、そしてクリスチャン4世とそのお妃様の王冠、フレデリック3世とお妃様の王冠を見ることが出来ます。

ローゼンボー城の前には、その名も王様の庭を表す、コンゲンス・ヘーウKongens haveが広がっており、こちらは無料で入園できます。休憩しながらデンマーク人がピクニックやお誕生会をしてのんびりヒュゲを楽しんでいるのを観察したり、散策してアンデルセン像を見つけたりして下さい。

ローゼンボー城はとても狭いお城で調度品などが所狭しと並んでいる為、片手を広げた位の大きさの小さなバッグ以外は、ロッカーに預けてから入ります。従って、貴重品を入れられるようなポーチやポシェットや袋をお持ちになることをお勧めします。

ローゼンボー城のチケット売り場は特に夏は長蛇の列ができていますが、実はチケットは、下記のホームページからオンラインで購入することが出来ます。

住所

Øster Voldgade 4A

1350 København K

ホームページ

https://www.kongernessamling.dk/rosenborg/

****************

北欧デンマーク通信 

北欧の福祉や環境政策、さらには心地良いを意味するヒュッゲで知られるデンマーク。

国民みな共働きでワークライフバランス重視の考え方、生き方の、実際どうなの?を、

2003年からデンマークに在住の公認ライセンスガイド・通訳・コーディネーター&主婦で3人の母親の、

ウィンザー庸子がお伝えします。

ウィンザー庸子のプロフィールはこちらになります。

ウィンザー庸子の連絡先はこちらになります

最新情報をメールマガジンで配信しております。

下記より是非ご登録下さい!

デンマークの完全プライベート・ガイドサービス・通訳・視察/撮影などコーディネーション

現地情報満載「コペンハーゲン裏スポット30」も無料進呈中!

デンマークのプライベート・ガイド サービスもご案内しています。

https://www.hokuoryoko.com/?utm_source=blog&utm_medium=blog

デンマークの通訳、視察商談手配、撮影コーディネ-ションはこちら

http://www.hokuobusiness.com/?utm_source=blog&utm_medium=blog

これまでの動画やブログはこちらからご覧いただけます。

https://www.youtube.com/channel/UC6_oiBtJYKCB6iTVTj3oeMw

https://ameblo.jp/hokuoryoko

フェイスブックはこちらになります。

https://www.facebook.com/yokowinther

グリーンランドのプライベートガイド・ボートツアーもご手配申し上げます。 jp.greenlandtours.hokuoryoko.com

英語・デンマーク語の、Web通訳、電話会議通訳、オンライン通訳 onlineinterpretation.hokuobusiness.com

オンラインでデンマーク語や英語、北欧式ライフスタイルコーチング onlinedanish.hokuobusiness.com

北欧の絵本の翻訳出版

https://hokuoryoko.com/kaigaiehon.html

旅行で必要な会話に特化した英語講座

-これで乗り継ぎも、チェックインも、オーダーも怖くない!

速習旅行英語・必須表現100

https://enjoydanish.teachable.com/p/travelenglish/

デンマーク語オンライン講座

https://enjoydanish.teachable.com/p/express/

日本語オンライン講座

https://enjoyjapanese.teachable.com/p/express

デンマーク公認ガイド、通訳、コーディネーター

ウィンザー庸子

www.hokuoryoko.com

www.hokuobusiness.com

フォローをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。