北欧・欧州の翻訳出版絵本のご紹介

ふしぎのもりのブレ・バセ

助け合いの精神を謳う

もりのものがたり

森への敬意と親愛

ピーターともりのどうぶつたち

男の子とクマの友情のお話

北欧・欧州の絵本の翻訳に関するお問合せ(ガイドサイトに飛びますが訳者のページです)

北欧の翻訳絵本「ふしぎのもりのブレ・バセ」のご紹介です

北欧で愛されている「ふしぎのもりのブレ・バセ」は、スウェーデンの作家で、 「すべてのスウェーデンの子供が愛する童話のおじさん」と呼ばれた、シュルス・グラネア(1870-1937年)と、ノルウェー生まれでデンマークに帰化し、その人生のほとんどをデンマークで過ごした画家・作家のルイス・モエ(1857-1945年)によって、1908年に描かれました。 いかにも北欧らしい、素朴で愛らしく、懐かしいタッチで、100年以上前に描かれた「ふしぎのもりのブレ・バセ」は、やさしいブレ・バセという男の子が、森で出会った、困っている動物たちを助ける為に、新しい洋服を頼まれるままにあげてしまうが、自分が困った時には、その動物たちが助けてくれるといった、助け合いの精神を素朴に伝える作品です。



北欧の翻訳絵本「もりのものがたり」のご紹介です

北欧で愛されている「もりのものがたり」は、ノルウェー生まれでデンマークに帰化し、その人生のほとんどをデンマークで過ごした画家・作家のルイス・モエ(1857-1945年)によって、1903年に描かれました。 いかにも北欧らしい、素朴で愛らしく、懐かしいタッチで、100年以上前に描かれた「もりのものがたり」は、北欧の人々の自然観や、森への敬意と愛情を感じる作品です。



北欧の翻訳絵本「ピーターともりのどうぶつたち」のご紹介です

北欧で愛されている「ピーターともりのどうぶつたち」は、ノルウェー生まれでデンマークに帰化し、その人生のほとんどをデンマークで過ごした画家・作家のルイス・モエ(1857-1945年)によって描かれました。 いかにも北欧らしい、素朴で愛らしく、懐かしいタッチで、100年以上前に描かれた「ピーターともりのどうぶつたち」は、貧しくて友達がいなかったピーターという男の子が、森に行き、森で出会ったくまの兄弟と友情を育み、その思い出と自信を胸に、また自分の町に戻っていくという作品です。



北欧・欧州の翻訳絵本について、今すぐお問い合わせするガイドサイトに飛びますが、訳者のページです

これらの作品は、 小さいお子さんと一緒に絵を見て、主人公の気持ちを一緒に考えたりお話しする、

北欧の幼児教育で盛んな、ダイアログ・リーディング

(絵本の読み聞かせの中で、聞いている子供も、静かにじっと絵本の内容を受け取るだけでなく、 絵本の中の世界や主人公の気持ちについて考えを述べ、 読み手と対話をする参加型の読書方式)

にも最適ですし、

時代を越えて受け継がれる北欧の文化にご興味をお持ちの、大人の方にもお勧めです。

北欧の人々の考え方や、子供達の生活を伝える絵本を、今後もご紹介したいと願っております。

新しい作品を出版させていただいた時など、是非ご連絡をさせていただきたく存じますので、よろしければ、お問い合わせフォームまたはメールなどで、
私の方までご連絡先をお知らせいただければ心より幸いに存じます。 また、北欧の絵本の翻訳出版に関する最新情報をお知らせしております、 こちらのfacebookページも、ご高覧いただければ嬉しいです。
https://www.facebook.com/kaigaiehon/

訳者・出版者  ウィンザー庸子

お問合せ

電話番号(デンマーク携帯)

+45−2195−7050

メールアドレス

yoko_winther
@yahoo.co.jp

  

スカイプ(Skype)名

yoko_winther

訳者ご挨拶

image

サイトご訪問誠にありがとうございます!
北欧デンマーク・コペンハーゲン在住で、公認ライセンスガイド・通訳、北欧や欧州の絵本の翻訳出版をしております、ウィンザー庸子(ヨウコ)と申します。
北欧の人々の考え方や、子供達の生活を伝える絵本を、今後もご紹介したいと願っております。
また、北欧の絵本の翻訳出版に関する最新情報をお知らせしております、
こちらのfacebookページも、ご高覧いただければ嬉しいです。
https://www.facebook.com/kaigaiehon/ また、「いいね!」もお願い申し上げます!

image

北欧・欧州絵本 翻訳者のブログ